MENU

にきびの発症因子

にきびの発症因子が何かについて紹介したいと思います。にきびの発症因子は3つあるといわれています。まず、にきびの発症因子の一つ目としては皮脂腺が大きく肥大したことによって起きるといわれています。そして、にきびの発症因子の二つ目は毛穴の中に日常的に存在している最近のプロピオニバクテリウムアクネスと呼ばれる通称にきび菌と呼ばれる菌がいるのですがそれが原因とも言われ手います。このにきび菌は酸素が少ない状態でも増殖が可能で、皮脂を栄養にして増えて生きますから皮脂が活発に出る思春期の肌などはこのにきび菌が成長するのに適した条件になっているといわれています。

 

そしてにきびの発症因子の三つの因子としては、毛穴の開口部が固まって角質がたまってしまって、にきび菌を持っている脂肪分解酵素によって角質を固めてしまうという働きがにきびを発症させるといわれています。にきびが出来ている肌というのはなかなかターンオーバーが進まないために角質がたまりやすい肌になっているといわれています。にきびができているから新陳代謝が出来ていてはだがターンオーバーされているのではないので、ここのところを間違えないようにいなければいけないと思います。

にきびと抗生物質

 

にきびが出来てそれを治療しようと思って抗生物質を飲んだり塗ったりする人がいますが、実はそれはにきびを長期化させたり、また出来やすい環境にさせる原因とも言われています。抗生物質というのは体に副作用を起こします。にきびが出来たからと言って、抗生物質を飲むというのはできる限り避けたいことです。もしもにきび治療に抗生物質を飲むことになったとしてもできるだけ短期間での服用にして、長期間飲み続けることのないようにしましょう。
抗生物質が効かないにきびもありますから、できるだけ抗生物質の服用は避けるべきです。今までににきびが出来て抗生物質を飲んでいたという人は、やめることによって、治りが遅くなることも言われています。自然治癒に比べると2倍以上も時間がかかることもあります。抗生物質をやめるとリバウンドしてまたにきびが出来やすくなったり、場合によっては異常な数のにきびが出来るということもありますから中王いしましょう。
抗生物質を長い期間のんていた人が突然やめて、にきびを治療するという場合には、リバウンドしやすいので長い目で見ると抗生物質を飲んだり塗ったりしてにきびを治療するというのは、あまりいい方法ではないといえます。

にきびと化粧水

 

にきびになりやすい体質の人というのは、化粧水選びにも慎重になった方がいいかもしれませんね。にきびを予防するためには、肌を乾燥から守らなければいけません。たとえば肌の保湿を考えたり、保水をするということは絶対です。にきびの原因になっていることは皮脂が過剰に分泌していることも原因の一つとしてあげられるのですが、それは肌が乾燥していることによって起きるとも言われています。ですから、洗顔の後に肌を乾燥したままにしておくと肌が乾燥した状態になり、皮脂の分泌が過剰になってしまうのです。
きちんと、にきび予防のために化粧水を洗顔後につけていれば、過剰に皮脂が分泌することもないと思いますから化粧水がにきび予防につながるのです。最近はにきび予防のためのにきび肌専用の化粧水なども販売されていますからそちらを使ってみるというのもいいかもしれませんね。大人にきびが出来てしまっている人などは、にきび専用化粧水で毎日ケアしていくことによってにきびが出来にくくなったとも言われています。にきび肌用の化粧水を使うことでデリケートに炎症を起こしてしまっているにきび肌に刺激を与えずに化粧水をつけることができますからより効果的です。